健康でいるために心がけること

健康でいるために心がけること

健康的なウォーキングの心拍数

誰しも30代を超えたころから基礎代謝が落ちてきますので、体型などが変わり太りやすくなってきます。ダイエットを始めようと思っても、なかなか続けることができない原因としては、効果の上がらない方法を実践していたり、キツイダイエットをしているということがあります。一番の近道は食事療法と運動療法になりますので、この二つを利用して健康的に体型を変えるダイエットを実践し見ることです。運動ではウォーキングをはじめとした有酸素運動が主流になりますが、このウォーキングもやり方によって効果の上がる方法があります。どの程度の運動に対する負荷をかけた方がいいのかを知る必要があります。

ウォーキングに対する負荷では、心拍数を測ることが大切です。ウォーキングを5分くらいやってみて、このくらいペースであれば続けることができるというスピードの心拍数を測ります。1分間に90拍くらいなのか、もしくは100拍くらいなのかによって、自分の続けることができる心拍数を把握することです。そうすることによって、目標ができますので疲れてくると心拍数が多くなったりします。心拍数が増えてくると少しペースを落とすようにして、調整することによって運動が続けられます。

健康・医療や健康に関わる話は、深く知るならココを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017健康でいるために心がけること.All rights reserved.