健康でいるために心がけること

健康でいるために心がけること

健康管理と自分の体の感覚

健康管理は誰もが必要な日常生活での作業のひとつですが、一般論と自分の具体的な内容とは違う場合もあります。一般論で健康になれる方法を説いていても、実際に自分がそのことで健康を維持したり、回復できなければ、あってもないようなことと同じです。健康管理を自分のものにするという作業が必要になるわけですが、これは机上の空論ではなく、切実な身に迫る問題なので、できるだけ真剣に対処する必要があります。この場合にはまず自分の体の感覚を研ぎ澄ますことが必要です。別な言い方だと敏感になるということです。そうすると体の不調のシグナルを感じる感覚も敏感になるからです。神経質になるということではなく、敏感に感じるアンテナを整備するということです。

具体的には、自分の具合が悪いところを、心配するということではなく、素直にそのまま感じるということです。不調や痛みがある場合には、他と関連付けるのではなく、その部分の痛みや不快感をそのまま素直に感じます。それで、少しずつ、その感覚を修正していけるように、いろいろ試してみるということをします。体を動かしたり、食べ物を調節したり、変えて見たりというように、その不調や定期的な痛みなどと付き合いながら軽くするようにしていくということです。そして健康管理の形を作っていきます。

健康・医療や健康に関わる話は、深く知るならココを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017健康でいるために心がけること.All rights reserved.