健康でいるために心がけること

健康でいるために心がけること

健康管理と入浴での注意点

健康管理に非常に効果的な入浴ということですが、注意点もあります。それは高齢者などが入浴で亡くなる場合が多いからです。例えば浴室で滑ってしまい転んで頭がぶつかり救急車で運ばれるとか、湯船の中に沈んでしまうとかなどがあります。日本の浴室は狭いですし、高齢者用ではないので、滑って転んだりぶつかることが多い構造です。これは高齢者ばかりではないですが、滑らないようにするとか、手すりをつけるとか、沈まないようにするとかの対処方法を考えておく必要があります。高齢者ではなくても、酔っぱらっている時に入浴して血圧が高くなり、亡くなるという人もいます。案外浴室は危険な場所でもあるわけです。そのような点も入浴の注意点です。

これからは高齢者介護も必要になります。また自分自身がいつかはそうなる運命ですので、そのような点からも、若い人だけではなく、高齢者の目から見た健康管理の設備も必要になるということになります。バリアフリーということですが、その点はこれからの健康管理でも、高齢化した時間のほうが長いので準備をしておく必要があります。自分たちの体の準備と、設備面での環境の準備が必要になるということになります。入浴でも注意点をチェックしておく必要があります。

健康・医療や健康に関わる話は、深く知るならココを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017健康でいるために心がけること.All rights reserved.